新着ニュース
中国の都市圏、東部・中部一体化が加速

 

 中国社会科学院財経戦略研究院はこのほど発表した報告書の中で、「改革開放政策実施以降、中国の都市の数が急増し、規模が急激に拡張したことで、都市圏内と都市圏間に産業空間の再構築が生じ、東部・中部一体化が強まっている」と指摘した。
 この「中国都市競争力第16回報告書――40年:広がりを見せる都市圏」と題した報告書は、中西部の中核都市の台頭、南北二極化の激化、東部・中部一体化、「1網5帯」を象徴とする中国経済空間の新たな構造が浮き彫りになっているとした。
 都市圏間で、製造業が中部都市圏に集まり、ハイエンドサービス業が東部先進都市圏に集まっている。都市圏外の都市の製造業が都市圏に集まり、産業構造がローエンドサービス業に変化している。都市圏内で、成熟した中核都市はハイエンドサービス業に変化し、製造業が周辺に拡散している。成長中都市圏内の中核都市が外部からの人材導入と内部の人材保留により、製造業の集約の加速を実現している。
同報告書は「改革開放政策実施以降、中国の都市の数の急増と規模の急激な拡張、都市人口の急増と都市社会の形成の加速、都市経済の長期・高度成長と産業構造の持続的なアップグレード、都市空間の急拡大と時空距離の短縮が同時に生じ、都市のミクロ経済及び社会ガバナンスが現代化に向かている」と判断した。
 情報によると、同報告書は指標体系とデータを用い、2017年の中国294都市の総合経済競争力の発展構造と、289都市の住みやすさ、持続可能な競争力の状況を詳細に評価した。同報告書は中国の都市競争力の発展構造と、理想的な状態との間の差を全体的に研究した。

Top