遥かなる山の「鷹匠」

1/7
鷹の調教の風習はクズルス族が長期にわたって形成した一種の生活風習である。新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州阿合奇県牙朗奇村に暮らす69歳の庫爾馬西・胡特さんは、国家級無形文化遺産代表的プロジェクトであるクズルス族鷹調教の代表伝承人である。

遥かなる山の「鷹匠」

2/7
鷹の調教の風習はクズルス族が長期にわたって形成した一種の生活風習である。新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州阿合奇県牙朗奇村に暮らす69歳の庫爾馬西・胡特さんは、国家級無形文化遺産代表的プロジェクトであるクズルス族鷹調教の代表伝承人である。

遥かなる山の「鷹匠」

3/7
鷹の調教の風習はクズルス族が長期にわたって形成した一種の生活風習である。新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州阿合奇県牙朗奇村に暮らす69歳の庫爾馬西・胡特さんは、国家級無形文化遺産代表的プロジェクトであるクズルス族鷹調教の代表伝承人である。

遥かなる山の「鷹匠」

4/7
鷹の調教の風習はクズルス族が長期にわたって形成した一種の生活風習である。新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州阿合奇県牙朗奇村に暮らす69歳の庫爾馬西・胡特さんは、国家級無形文化遺産代表的プロジェクトであるクズルス族鷹調教の代表伝承人である。

遥かなる山の「鷹匠」

5/7
鷹の調教の風習はクズルス族が長期にわたって形成した一種の生活風習である。新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州阿合奇県牙朗奇村に暮らす69歳の庫爾馬西・胡特さんは、国家級無形文化遺産代表的プロジェクトであるクズルス族鷹調教の代表伝承人である。

遥かなる山の「鷹匠」

6/7
鷹の調教の風習はクズルス族が長期にわたって形成した一種の生活風習である。新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州阿合奇県牙朗奇村に暮らす69歳の庫爾馬西・胡特さんは、国家級無形文化遺産代表的プロジェクトであるクズルス族鷹調教の代表伝承人である。

遥かなる山の「鷹匠」

7/7
鷹の調教の風習はクズルス族が長期にわたって形成した一種の生活風習である。新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州阿合奇県牙朗奇村に暮らす69歳の庫爾馬西・胡特さんは、国家級無形文化遺産代表的プロジェクトであるクズルス族鷹調教の代表伝承人である。