新着ニュース
新疆は第1四半期 中欧班列が1000列を突破した

 新疆は新ユーラシア大陸橋のハブ地帯であり、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、今年1−2月、新疆中欧班列の運行は一度減量しました。

  3月以降、各地での生産が再開された新疆は、アラシャンコウとホルゴスの2つの中欧班列の出国口の通路の優勢を発揮し、複数の部門によって調整および協力し、出国中欧班列の数量は引き続き増加しています。

Top