新着ニュース
草原の農牧民の健康を守る家庭医師

 「160/90、前回より少し下がったので、数週間は引き続き時間通りに薬を飲むようにしてください」。村医者の布勒布勒古麗·金恩斯漢さんは笑顔で農牧民に言った。  
 布勒布勒古麗·金恩斯漢さんは新疆布尔津県也格孜托別卿の家庭医師で、農牧民に契約サービスを提供している。農牧民の健康チェックで家庭訪問をする際、彼女は家庭医師の専用の紅い制服と赤い帽子を身につけ、自動車で山道を進み、広い草原のゲルの間を抜け、注目を集める。  
 農牧民は長年にわたり野外で生活し、季節ごとに牧場を変え、健康意識が高くない。そのため、家庭医師の定期検査は彼らにとって非常に重要である。今回の家庭訪問チームは4人のメンバーで構成され、主に高血圧、糖尿病などの慢性病を患う農牧民の四半期検査を行い、薬を補充し、健康知識を教える。  
 「農牧民は外出が不便なため、私たちが家庭訪問する。山奥の夏の牧場に移る前に検査を終え、十分な薬を用意する必要がある」と布勒布勒古麗·金恩斯漢さんが言いながら、次のゲルに入った。   
血圧や心拍数を測るなどの基本的な健康サービスのほかに、今回の家庭医師たちは、農牧民に薬箱、紙コップ、エプロンおよび調味料入れを準備し、調味料入れに成人の毎日の油と塩の摂取基準を記録した。 
 「農牧民たちは高カロリーの食べ物が好きで、油と塩の摂取が多すぎるため、高血圧などの慢性病を引き起こす。これを通し、彼らに自分の食事習慣と健康状況に注目してもらいたい」と、チームメンバーの哈納提別克·沙旦さんは話した。32歳の哈納提別克·沙旦さんは全科医師で、布尔津県也格孜托別卿衛生院の副院長を務める。  
 家庭医師サービスを開始した2016年から現在までに、布尔津県は郷・村医療機関の233人の医療スタッフからなる65の家庭医師チームを結成し、携帯電話のアプリ、基本衛生システムを通し、全県の貧困者とデジタル契約を結んだ。現在、全県で42936人と契約している。
Top