新着ニュース
シェールオイル開発、2つの中国記録が更新

 中国初の国家級シェールオイルモデルエリアとして、中国石油新疆油田公司吉慶油田の吉木薩爾国家級陸上シェールオイルモデルエリアが展開中の独自生産能力井第1弾の建設において、中国におけるシェールオイル水平井の2つの施工記録が更新された。科技日報が伝えた。

 新疆油田吉慶油田作業区党委書記で、マネージャーの謝建勇氏が26日に明かしたところによると、圧力破砕作業中の58号プラットフォームの設計上の施工液体使用量は56万立方メートル、珪砂使用量は6万立方メートル近くにも達し、1メートル当たり珪砂使用量が中国の記録を塗り替えた。国家級の標準プールを例にすると、56万立方メートルの液体使用量はプール220面以上の貯水量に相当する。もう一つの記録は中国最大の施工規模だ。同一プラットフォームで同時に8つの水平井を施工し、交代型連携作業を採用。この2つの記録は今後のシェールオイル市場化規模効果の開発に向け重要な経験を蓄積する。

 非在来型油ガス資源としてのシェールオイルは、低浸透で流動性が低いため採掘が最も困難な油の一つだ。圧力破砕はその採掘の効果的な手段で、岩の間から油を押し出すと例えられることが多い。(編集YF)

Top