新着ニュース
ナンで貧困脱却、一大産業に発展 新疆

 「ナン」は、新疆維吾爾(ウイグル)自治区に住むウイグル人が好んで食べる小麦粉食品の一つだ。新疆ウイグル自治区阿克蘇(アクス)地区柯坪(カルピン)県玉爾其郷託瑪艾日克村にある艾力努爾ナン文化産業園では、住民が高い気温をものともせず、園内で忙しく立ち働いており、あちこちからナンの良い香りが漂ってくる。かつて深刻な貧困村であった同村は、今から2年前に、分散していたナン製造農家を統合し、ナン合作社(協同組合)を設立して、標準化生産ラインを導入し、貧困農民86人を含む132人の雇用を直接けん引した。熟練した技術をもつナン製造者の月収は5千元(約7万5千円)を上回るまでとなった。ミルクナン、ハマナシナン、落花生ナンなど27種類のナンは、物流ルートを通じて、北京・上海・烏魯木斉(ウルムチ)などの大都市で販売されるようになった。現在、このようなナン産業園や農民協同組合は、新疆の大地の至る所で「満開」となり、ナン産業は、新疆ウイグル自治区における貧困脱却の難関攻略における主力産業の一つとなっている。(編集KM)

Top