動画
新疆からの医療支援チーム、ダンスで武漢臨時病院での軽症患者を支える

 武漢市内の臨時病院で心温まる一幕がありました。病院では医療従事者が新疆ウイグル族の踊りで、肺炎に感染した軽症患者を元気づけています。  

 新型コロナウイルスの治療のために建てられた武漢市内の臨時病院では、新疆ウイグル自治区から来た医療支援チームの看護師イパリー・エメットさんが患者へ新疆の踊りを教えています。  

 <看護師 イパリー•エメット氏>  「とても興奮している。患者さんにもっと踊ってもらいたい。みんなが踊り始めた時、非常に喜んでいた。みんなと一緒に踊りたい。患者一人一人と組んでダンスしたい」。