童話の世界のような絶景が広がる新疆ウイグル自治区カナスの冬

1/8
新疆維吾爾(ウイグル)自治区喀納斯(カナス)景勝地では冬になると白銀の世界が広がる。そして、雪原や凍った湖、霧氷などが「競演」して、時には水墨画のようで、時には童話の世界のような絶景が広がる。新華網が報じた。  2019年の冬以降、景勝地のインフラが強化され、除雪機も導入。景勝地の道路260キロ全線が冬でも通行できるようになった。また、19年10月から、喀納斯空港の冬季運営が初めて始まり、烏魯木斉(ウルムチ)市、阿勒泰市、博楽市、富蘊県などに向かう路線が運行されている。アクセスが改善し、観光客が喀納斯の冬の美しい景色を見に行くのも便利になった。

童話の世界のような絶景が広がる新疆ウイグル自治区カナスの冬

2/8
新疆維吾爾(ウイグル)自治区喀納斯(カナス)景勝地では冬になると白銀の世界が広がる。そして、雪原や凍った湖、霧氷などが「競演」して、時には水墨画のようで、時には童話の世界のような絶景が広がる。新華網が報じた。  2019年の冬以降、景勝地のインフラが強化され、除雪機も導入。景勝地の道路260キロ全線が冬でも通行できるようになった。また、19年10月から、喀納斯空港の冬季運営が初めて始まり、烏魯木斉(ウルムチ)市、阿勒泰市、博楽市、富蘊県などに向かう路線が運行されている。アクセスが改善し、観光客が喀納斯の冬の美しい景色を見に行くのも便利になった。

童話の世界のような絶景が広がる新疆ウイグル自治区カナスの冬

3/8
新疆維吾爾(ウイグル)自治区喀納斯(カナス)景勝地では冬になると白銀の世界が広がる。そして、雪原や凍った湖、霧氷などが「競演」して、時には水墨画のようで、時には童話の世界のような絶景が広がる。新華網が報じた。  2019年の冬以降、景勝地のインフラが強化され、除雪機も導入。景勝地の道路260キロ全線が冬でも通行できるようになった。また、19年10月から、喀納斯空港の冬季運営が初めて始まり、烏魯木斉(ウルムチ)市、阿勒泰市、博楽市、富蘊県などに向かう路線が運行されている。アクセスが改善し、観光客が喀納斯の冬の美しい景色を見に行くのも便利になった。

童話の世界のような絶景が広がる新疆ウイグル自治区カナスの冬

4/8
新疆維吾爾(ウイグル)自治区喀納斯(カナス)景勝地では冬になると白銀の世界が広がる。そして、雪原や凍った湖、霧氷などが「競演」して、時には水墨画のようで、時には童話の世界のような絶景が広がる。新華網が報じた。  2019年の冬以降、景勝地のインフラが強化され、除雪機も導入。景勝地の道路260キロ全線が冬でも通行できるようになった。また、19年10月から、喀納斯空港の冬季運営が初めて始まり、烏魯木斉(ウルムチ)市、阿勒泰市、博楽市、富蘊県などに向かう路線が運行されている。アクセスが改善し、観光客が喀納斯の冬の美しい景色を見に行くのも便利になった。

童話の世界のような絶景が広がる新疆ウイグル自治区カナスの冬

5/8
新疆維吾爾(ウイグル)自治区喀納斯(カナス)景勝地では冬になると白銀の世界が広がる。そして、雪原や凍った湖、霧氷などが「競演」して、時には水墨画のようで、時には童話の世界のような絶景が広がる。新華網が報じた。  2019年の冬以降、景勝地のインフラが強化され、除雪機も導入。景勝地の道路260キロ全線が冬でも通行できるようになった。また、19年10月から、喀納斯空港の冬季運営が初めて始まり、烏魯木斉(ウルムチ)市、阿勒泰市、博楽市、富蘊県などに向かう路線が運行されている。アクセスが改善し、観光客が喀納斯の冬の美しい景色を見に行くのも便利になった。

童話の世界のような絶景が広がる新疆ウイグル自治区カナスの冬

6/8
新疆維吾爾(ウイグル)自治区喀納斯(カナス)景勝地では冬になると白銀の世界が広がる。そして、雪原や凍った湖、霧氷などが「競演」して、時には水墨画のようで、時には童話の世界のような絶景が広がる。新華網が報じた。  2019年の冬以降、景勝地のインフラが強化され、除雪機も導入。景勝地の道路260キロ全線が冬でも通行できるようになった。また、19年10月から、喀納斯空港の冬季運営が初めて始まり、烏魯木斉(ウルムチ)市、阿勒泰市、博楽市、富蘊県などに向かう路線が運行されている。アクセスが改善し、観光客が喀納斯の冬の美しい景色を見に行くのも便利になった。

童話の世界のような絶景が広がる新疆ウイグル自治区カナスの冬

7/8
新疆維吾爾(ウイグル)自治区喀納斯(カナス)景勝地では冬になると白銀の世界が広がる。そして、雪原や凍った湖、霧氷などが「競演」して、時には水墨画のようで、時には童話の世界のような絶景が広がる。新華網が報じた。  2019年の冬以降、景勝地のインフラが強化され、除雪機も導入。景勝地の道路260キロ全線が冬でも通行できるようになった。また、19年10月から、喀納斯空港の冬季運営が初めて始まり、烏魯木斉(ウルムチ)市、阿勒泰市、博楽市、富蘊県などに向かう路線が運行されている。アクセスが改善し、観光客が喀納斯の冬の美しい景色を見に行くのも便利になった。

童話の世界のような絶景が広がる新疆ウイグル自治区カナスの冬

8/8
新疆維吾爾(ウイグル)自治区喀納斯(カナス)景勝地では冬になると白銀の世界が広がる。そして、雪原や凍った湖、霧氷などが「競演」して、時には水墨画のようで、時には童話の世界のような絶景が広がる。新華網が報じた。  2019年の冬以降、景勝地のインフラが強化され、除雪機も導入。景勝地の道路260キロ全線が冬でも通行できるようになった。また、19年10月から、喀納斯空港の冬季運営が初めて始まり、烏魯木斉(ウルムチ)市、阿勒泰市、博楽市、富蘊県などに向かう路線が運行されている。アクセスが改善し、観光客が喀納斯の冬の美しい景色を見に行くのも便利になった。